2022/08/05

FOURTEEN
STAFF COLUMN
私の仕事、
私のやりがい。
-Kaito Miyoshi-

三好海土

2009年入社の三好さんは営業部で店舗担当を経て、今年よりオンライン担当に就任。独自の企画で運営されるオンラインショップ、そしてスタートしたばかりの中古買取販売など、新たな営業活動の柱になるべく挑戦の毎日を送っている。

自然溢れる群馬県には
家族と温もりある
生活がありました

Q
フォーティーンに入社して
“良かった”と感じることは?
A
自然溢れる群馬県には
家族と温もりある
生活がありました

Q
フォーティーンに入社した
動機を教えてください
A
キャディ仲間からの誘いが、
憧れのフォーティーンへの道を
切り開いてくれました!
もともとゴルフ場でアルバイトキャディをしていた私は、就職活動中にキャディ仲間だった知り合いがフォーティーンに勤めていて紹介いただいたのがきっかけです。私は一人のゴルファーとして一世を風靡したスピンウェッジ「MT-28」や中空アイアン「HI-858」を手がけ、今のように確立されていなかったヘッドの重心距離理論などをゴルフメディアで説いていた竹林さん(創業者)のフォーティーンには憧れを持っていました。いざ入社して一人ひとりがゴルファーである感覚を大切にした社風に私はすぐに馴染むことができました。いい巡り合いに感謝しています。

Q
フォーティーンに入社して
“やりがい”に感じることは?
A
オンラインでのファン獲得、
新たな挑戦を責任者で
走っていることです!
フォーティーンではオンラインショップの売り上げが年々伸びています。私の使命はさらにオンラインショップの内容を充実させて、売り上げの新たな柱として成長させていくことです。多くの支持をいただいているやさしさのウェッジ「TK-40」など、ファンが期待するオンライン特別プロダクトを企画したり、今年(2022年)にスタートしたばかりの中古買取・販売にも注力しています。他メーカーには実施できないフォーティーンらしい企画でサービスを活性化させる、従来のフォーティーンの業務にはない新たな挑戦にやりがいを感じています。

Q
社歴が10年を超えましたが、
改めて群馬本社の環境はいかがですか?
A
休日は小学生の息子と
アウトドアをフルに楽しめる
自然環境に満足しています!
私の出身は東京都昭島市で、今住んでいる群馬県高崎市と都会すぎない雰囲気が似ていて、とても馴染んでいます。買い物にも不自由ないし、少し足を運ぶと自然がある、家族との生活環境としても温もりがあるのがベストですね。小学高学年の息子とはそんな環境をフルに楽しんでいます。自然に囲まれたフォーティーンは、夏場にはカブトムシなど甲虫採集のメッカ、冬は天体観測ができるほど綺麗な夜空が魅力ですし、何より私は息子とのゴルフを楽しんでいます。群馬県はジュニアゴルファーの育成にも注力していて練習環境も充実、息子と過ごす休日が楽しみでなりません。家族といいコミュニケーションができるのも、群馬県で働けた恩恵だと感じています。