新着記事一覧

ニュース/リリース
2024/05/24

TK-53・TK-59発売のお知らせ

ウェッジの命、ソールのリーディングエッジに物理的にザックリを排除できる丸みを帯びた「Tankソール」を搭載。 どんなにザックリしようとも芝上を戦車のごとく突き進んでボールが拾える圧倒的なパフォーマンスを発揮する「TK」が、求める弾道によって選べる53°と59°の2つのロフトで新登場です。

新着コラム
2024/05/22

「FOURTEEN THE GAMES 2024」開催のご案内

フォーティーンファンの皆様に芝生の上で思う存分にプレーを楽しんでもらえるエンジョイ競技会 「 FOURTEEN THE GAMES 2024 」を今年から開催致します。 どなたでも参加しやすい「新ぺリア方式」のシングル部門(ハンデ競技)と、2人1組による「フォアボール方式」のダブルス部門(スクラッチ競技)の2つの参加カテゴリご用意し、東名阪の3地域で実施致します。 ラウンド終了後はクラブ、アパレルの新製品展示や試打、販売会、またパッティングチャレンジなどなど多数のコンテンツをご用意。各会場表彰パーティーではアパレルアンバサダー肥野 竜也氏も参加し、豪華賞品も予定しております。皆様のエントリーお待ち致しております!

新着コラム
2024/05/14

14fieldがいよいよ 首都圏に進出!

 フォーティーンがこれまで数年の年月をかけて積極的にブランド化してきたのは、群馬県高崎市に拠点を置くヘッドオフィスで展開する「14field」、“ベストな14本”を提案できるフィッティング施設だ。 しかし、そんな充実した施設であっても北関東という立地は、全てのゴルファーが気軽に足を運べる環境にはなく、同社としてはアクセスの中心にある首都圏での「14field」の新展開を課題としていた。  「20年以上もフォーティーンとともにプロ生活を歩んできた身、同社の課題にマッチした最適な場所、物件をずっと探していました」と語るのは「14field横浜」を立ち上げた永海雅章さんだ。

新着コラム
2024/05/14

14field club fitting policy ベストなクラブ選び、 14fieldの哲学。

 ゴルファーが新たにクラブの購入を検討する際に行う試打。そこにクラブメーカーやゴルフショップの専任スタッフがついてアドバイスをし、ベストなモデル・スペックに導くことを一般的に“クラブフィッティング”と呼ぶ。14fieldがウェブからの完全予約制でゴルファーに提案しているクラブ選びも、メニュー的にはその一般認識に合わせて”フィッティング”と記してはいるが、実際にそこで行われているクラブ選びの提案は“フィッティング”という言葉で安易に表現したくないのが、リーダー・竹内の強い想いだ。  「一般的なクラブフィッティングの概念は、ゴルファーの現状合わせに過ぎないと私は思っています。試打するゴルファーの状態によってもパフォーマンスが異なってくる中で、一過性のスペック合わせを提案したクラブ選びにあまり意味を感じないからです」。  もちろん純粋に新製品の試打を求めて「14field」に訪れるゴルファーには、いわゆるクラブフィッティングが展開されている。しかしその場にも、コミュニケーションを深く交わし、目的の製品がどう貢献できるか、ゴルファー一人ひとりの展望に寄り添った提案を心がけている。

新着コラム
2024/05/14

スピンウェッジの 新境地を探る FR PROJECT アベレージ久保 最先端のルール不適合ウェッジの 段違いなスピン力に驚愕[実戦編]

 最先端ルール不適合ウェッジのテスト環境は、フォーティーン高崎本社14fieldに近い関越ハイランドゴルフクラブ(上信越道・吉井ICより5分)。ボールが浮く程度のラフからキャリー40ヤードのピッチショット、15ヤードのピッチエンドランで検証。使用ボールは「PRO V1」、スピン測定はトラックマン、アベレージ久保をサポートするのはウェッジ開発担当の黒澤孝康だ。

ニュース/リリース
2024/04/19

NewPC-3 発売のお知らせ

[[ターゲットプレーヤーは、「ドライバーのH/S40m/sec 未満」のゴルファー。]] ゴルフ歴が長いアクティブゴルファーがアイアンに求める二大要素は、“やさしさ”、そして“構えやすい形状”です。 最先端素材を適所に使用した複合系鍛造アイアンのNew「PC-3」は、やさしさの肝となる高弾道を完璧に実現させながら、構えやすさを感じる、ほどよくシャープで美しい形状を兼備。 キャリアの長いベテランプレーヤーが確立しているプレースタイルの美学に応えるアイアンです。

新製品コラム
2024/04/14

Feather Line NEW PC-3登場! ずばり・・・・ フォーティーンはこれ以上、 やさしいアイアンを知らない。

――自信満々の戸丸さん、凄いアイアンができたんですね。 戸丸  はい、5月に発売されるNEW「PC-3」は最新技術を惜しみなく使用して、目指すべき機能を完璧に実現できたと感じています。 ――まずはターゲットプレーヤーを教えてください。 戸丸  NEW「PC-3」が位置するカテゴリ、Feather Line(フェザーライン)がターゲットとするプレーヤーは、ヘッドスピード40m/s未満のゴルファーです。体力をカバーする軽量スペックによる“振りやすさ”、そして“高弾道”、“飛距離”を高機能クラブが“やさしさ”でサポートするというテーマのもと、NEW「PC-3」は最新技術を余すことなく採用しています。

新着コラム
2024/04/14

スピンウェッジの 新境地を探る FR PROJECT アベレージ久保 最先端のルール不適合ウェッジの 段違いなスピン力に驚愕編

 最先端ルール不適合ウェッジのテスト環境は、フォーティーン高崎本社14fieldのフィッティングルームを使用。まずはフラットな条件においてそのポテンシャルを測るために弾道計測器比較(GCクワッド)を行う。使用ボールは「PRO V1」、狙いは50ヤード。アベレージ久保をサポートするのは、ウェッジ開発担当の黒澤孝康だ。

新着コラム
2024/04/14

FOURTEEN×Taiheiyo Club LIMITED STORE 太平洋クラブ相模コースにオープン

 ゴルフ場のプロショップが地域一の専門店になる。太平洋クラブが展開している1メーカーとコラボしたコンセプトショップ企画のテーマである。江南コースではPING、佐野ヒルクレストコースのキャロウェイ、市原コースのテーラーメイド、有馬コースのアディダスに次いで、相模コースにて新たにフォーティーンが参画。「フォーティーン×太平洋クラブ・リミテッドストア」として4月1日よりオープンしている。  店長を務めるのは同コースのチーフマネージャー諸星宏樹さん。「この企画の提案をいただいた時、フォーティーンというポテンシャルあるメーカーを相模コースの売りにできることが嬉しかった」と話してくれた。

新着コラム
2024/03/14

FR PROJECT スタート!

 現在は様々なメーカーのウェッジがスピン性能を強烈にアピールする。フォーティーンがウェッジスピンの性能をあまり声高にアピールしないのは、それが“当たり前”の機能であるからだ。ウェッジの性能はスピンだけでなくソール機能など他にもアピールしなければならないパフォーマンスの要があり、フォーティーンはターゲットプレーヤーにそれが伝わるよう注力してきた。  しかしスピンウェッジの先駆者はフォーティーンであることを忘れないでほしい・・・そんな思いを込めたFR PROJECTがスタート。主にYouTubeチャンネル「14TUBE」のFOURTEEN WORKSで様々な検証を重ねていくのでお楽しみに。

新着コラム
2024/03/14

FOURTEEN SUPPORTING PLAYERS サッカー人 中西永輔さん

 中西さんがゴルフをスタートさせたのは現役時代、サポーターとオフシーズンに1、2ラウンドプレーする程度だったが、およそ2年前にどっぷりハマり、今ではベストスコア83の腕前だ。  「子供のパパ友やサッカー界隈の知人とゴルフ談義で盛り上がりはするものの、いまいち踏み出しの悪い私が、クラブとキャディバッグを贈ってもらい、無理矢理にスタート。今ではあらゆるゴルフYouTubeの視聴を毎日楽しみ、完全にハマっています。もちろん14TUBEの登録者の一人でもあり、ためになるコンテンツの数々はもちろん、MCの池田純さんのほっこりした雰囲気にも和ませてもらっています」。

新着コラム
2024/03/14

GOLF 5×FOURTEEN コラボウェッジ FA-W

 日本を代表する大型ゴルフショップ・ゴルフ5とのコラボウェッジ「FA-W」。Fはフォーティーン、Aはアルペン(ゴルフ5)を意味したW(ウェッジ)です。コラボの趣旨は両者の企業理念が一致したこと。私たちフォーティーンは“アマチュアゴルファーに一番近いメーカー”であることをテーマとし、ターゲットプレーヤーを見据えパフォーマンスを生み出す力があります。そしてゴルフ5は数多くのアマチュアゴルファーとの対面接客による現場が必要とする理想のクラブ像、そしてフィッティングのノウハウを持っています。ともにアマチュアゴルファーのためにベストなクラブを提供する理念のもと、二つのノウハウを融合させたのが「FA-W」なのです。

新着コラム
2024/02/14

Policy フォーティーンが フェザーマークに込めた アマチュアゴルファーへの 熱きメッセージ

 竹林隆光氏がフォーティーンを創業した理由、それは「欲しいクラブがないから、創るしかない」というクラブ設計家として至極真っ当な想いだった。自身もアマチュア競技者として活躍する中、トップクラスの選手やプロゴルファーと対等に戦うためには、クラブパフォーマンスで対抗するしかない、という一人のプレーヤーでありエンジニアとしての答え、そしてそんなクラブを創っていかなければならない、という使命があったに違いない。だからこそ創業からフォーティーンは、アマチュアゴルファーをターゲットプレーヤーとし、体力や技術を補えるクラブの開発に注力してきた。

新着コラム
2024/02/14

14field Club Fitting Time Vol.4 Best Distance Gapping 〜番手間にベストな距離間隔を〜

14本のセッティングの中で、アイアン、ユーティリティ、そしてフェアウェイウッドなど主にグリーンを狙うクラブはどんな基準で選ばれていますか? 飛距離を追求するドライバー同様に、もし単純に“飛距離性能”のみを条件としたモデル選びをされているなら、スコアメイクにおいて、そのクラブはあまり有利になっていない可能性はがあります。  ただコース攻略において“飛距離性能”はあって然るべきものです。大切なのは狙った距離に対して、そのクラブの飛距離性能が有利に働いているか?ということです。