新着記事一覧

キャンペーン
2022/09/30

GelongD 飛距離アップキャンペーン第3弾

2022/9/30(金)~2022/11/13(日)

「TK-40」「TK-40 Hi」10月分受注開始のご案内
ニュース/リリース
2022/09/27

「TK-40」「TK-40 Hi」10月分受注開始のご案内

平素より、弊社ゴルフクラブをご愛顧いただき誠にありがとうございます。 ご注文を一時停止させていただいておりましたウェッジ「TK-40」/「TK-40 Hi」ですが、 9月27日(火)14時より10月発送分の受注を開始致しました。 [[TK-40 TS-114wBK スチールシャフト装着モデル TK-40 TS-07c カーボンシャフト装着モデル TK-40 Hi TS-114w スチールシャフト装着モデル TK-40 Hi TS-07c カーボンシャフト装着モデル 10月26日より、順次出荷を予定しております。]] なお、入荷数に限りがある為、お申し込みは先着順とさせていただきます。 次回以降の入荷予定につきましては、時期が確定次第随時ご案内させていただきます。 ご迷惑をお掛けしまして大変申し訳ございませんが、 何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

ニュース/リリース
2022/09/14

GelongD IX-002 発売のお知らせ

ゴルフというゲームにおいて飛距離は最大の武器であり、それはアイアンでも同じことがいえます。 1番手でも短いクラブで打てる優位性を実現する為に最先端の技術を詰め込んだIX-002。 フェース厚1.8㎜で限界に挑んだ反発性とキャビティ構造の寛容性の2つのメリットを併せ持つハイパーキャビティ構造が、「飛距離」×「寛容性」×「美しさ」の3つを融合。 フォーティーンが提案する第5世代鍛造アイアンです。 10月14日発売予定

フォーティーンフェスタ【プラクティス編2022】開催!!
イベント
2022/09/14

フォーティーンフェスタ【プラクティス編2022】開催のお知らせ!!

ゴルフ好きにとって最高の環境を持つ「サニーCCゴルフレンジ」をお借りして、6Hプラクティスホールでのラウンド・芝からのアプローチ・広大なレンジでの練習や最新クラブの試打・ プロによるレッスン等、皆様のスキルアップをお手伝いさせていただくイベントです。 クラブとスキルの両面からベストスコア更新を応援します。 [[これから100を切りたいあなたも、シングルを目指すあなたも! 『FOURTEEN FESTA』で上手くなろう!!]]

新製品コラム
2022/09/14

飛びの追求、 GelongDアイアン 第2弾 アイアンの飛距離アップは 確実にスコアメイクに 有利である!

[[――]]「GelongD」の新作アイアン「IX-002」のターゲットプレーヤーは三好さんとお聞きしました。県アマなど試合に積極的に挑戦されている三好さんは、飛距離も十分、そもそも飛び系アイアンが必要であるかが、まず気になりました。 [[三好]]  私はもともと6番アイアン(ロフト角26度)に、飛び系モデル「IX-001」の7番アイアン(ロフト角26度)を採用したコンボセッティングを定番としていました。理由はよりやさしさを求めたから。30度というロフト角には打ちやすさの境界線があり、私は6番アイアンに打ちやすさの不安を感じていました。中空構造の「IX-001」は飛距離とともに圧倒的な弾道の高さが魅力。約185ヤードの距離をピタッとグリーン上に止めることができる機能は実戦でフルにスコアメイクに貢献しました。 こちらの動画を見てください(動画10:00あたり~)

新製品コラム
2022/09/14

飛びの追求、 GelongDアイアンの 第2弾は・・・ 飛びの優位性で スコアメイクを より有利に。

「GelongD IX-002」開発担当者・戸丸崇

価格改定のお知らせ
ニュース/リリース
2022/08/30

特注品クラブ価格改定のお知らせ

平素は弊社製品をご愛用いただき厚く御礼申し上げます。 フォーティーンでは、製品価格を維持できるよう努めてまいりましたが、原材料の高騰や諸経費の上昇等の要因により、現状の製品価格を維持することが困難な状況となりました。つきましては大変不本意ながら、特注品クラブ(カスタムオーダー)の販売価格を以下の通り改定させていただくこととなりました。 これからも皆さまに末永くご愛用いただける製品をお届けできるよう、品質・サービスの向上に努めてまいります。 どうぞ今後とも、変わらぬご愛顧を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。 価格改定日  2022年9月1日ご注文分より 該当クラブ  弊社オリジナル以外の、シャフト特注品クラブ(カスタムオーダー) 価格改定内容  現行価格より1本あたり2,000円(税込2,200円)の値上げ

HI-3発売のお知らせ
ニュース/リリース
2022/08/26

「HI-3」発売のお知らせ

アイアンの上の番手が難しい・・・、ウッド型ユーティリティはどうも苦手・・・ そう思われている「ドライバーのH/S40m/sec未満」のゴルファーの皆さまに、フォーティーンが自信を持っておススメする 「やさしく上がる」が体感できる中空ユーティリティアイアンです! 9月17日発売予定

リクルート
2022/08/17

FOURTEEN STAFF COLUMN 私の仕事、 私のやりがい。

長谷川楓弥 2020年入社の長谷川さんは、学生時代からゴルフに打ち込んできた競技系アスリートゴルファー。卒業後、海外での競技活動を経てフォーティーンに入社しました。彼の魅力はズバリその行動一つひとつが輝いていること、毎日を一生懸命に邁進できるその秘訣は何でしょうか。

新製品コラム
2022/08/14

NEW PRODUCT! Feather Lineより 新中空アイアン型ユーティリティ HI-3が新登場。

「世の中に同じジャンルがない、フォーティーンらしい“やさしい”、中空アイアン型ユーティリティが完成しました」(開発部・黒澤孝康)

新着コラム
2022/08/14

社長 桐谷一郎 『新社長からのご挨拶』

――まず桐谷社長がフォーティーンに入社されて、これまで活動されてきた内容などを教えてください。 桐谷  私は1991年、フォーティーンが創立10周年を迎えたタイミングで入社しました。それまでゴルフ場に勤務していましたが、新たにゴルフショップで独立しようと、ノウハウを学ぶべくフォーティーンに入社したのがきっかけです。会社では“ゴルフクラフト・フォーティーン”を通してオーダーメイドクラブの組み立てから研磨など一通りの製造作業や、試打会など受注業務も担当していました。また、当時主業務であったOEM設計のメーカー営業など、ジャンルを問わず様々な経験をさせていただきました。設計家として活躍する竹林が外出する際は同行し、その“やりとり”から多くを学ぶことができました。 ――現フォーティーンとは全く異なる業務でしたね。 桐谷  はい、現在のように“メーカー”となり始めたのは1998年。長尺ドライバー「GelongD」が発売された時期です。様々なツアープレーヤーに使用していただき、その飛距離性能を実証された「GelongD」を売り込むべく、全国のゴルフショップへダイレクトメールを発送。興味を持っていただいた店舗に営業に出向きました。この頃から私は営業に従事。そして2002年以降はスピンウェッジの先駆モデル「MT-28」や、中空アイアン「HI-858」などが登場。完全にメーカーに移行し、初めて大手量販店との取引がスタート。今に至るゴルフメーカーのフォーティーンがスタートした時期でした。 ――桐谷社長、“ゴルフショップで独立される”という話はどうされましたか? 桐谷  笑。入社当時は3年で独立する計画でしたが、バブルが弾けてそれどころではなくなりました。はっきり独立の意思を伝えながらも、それ以降も変わらず会社においてくれた当時の竹林社長には本当に感謝です。

イベント
2022/07/29

FOURTEEN ONLY ONE SESSION 詳細大公開。

[[『クラブの進化に伴い、道具の使い方も変動するため、スイングもアップデートしていく必要がある』]] これはフォーティーン創業時からの考えです。 本イベントの前半はお客様にとっての最適なクラブ選びをフォーティーンスタッフがお手伝いさせていただきます。イベント後半ではそのクラブの最大性能を引き出せるスイング作りをプロに指導していただくことで、前向きな気づきを得ることができます。 イベント後の練習がより効果的になり、さらなる上達が期待できます、これが今回の「ONLY ONE SESSION」プロジェクトです。 そのプロジェクトの具体的な流れを公開します!

クラブセッティング
2022/07/14

フォーティーン スタッフが激白! 俺のセッティング論を 聞いてくれ! Vol.2

ドラコン競技で公式記録371ヤード! 2016年国体群馬県代表、2019年藤岡ゴルフクラブのクラブチャンピオンの戦績を持つ名物スタッフ・竹内。今後の競技目標は2016年以来の国体出場だ。

ポリシー
2022/07/14

Policy カスタムにおいても ヘッド性能をフルに 発揮させるために。

 フォーティーンでは最新モデル「TB-7 FORGED」をはじめ、アイアン&ウェッジにおいてカスタムクラブの注文が昨今増え続けている。もちろん全てのプロダクトでオリジナルシャフトを推奨しているが、アフターマーケットシャフトを使用するゴルファーによる多様化するニーズは、フォーティーンとしても100%応える体制は整っている。  「例えば『TB-7 FORGED』に標準採用されるMODUS3 TOUR 105は、標準スペックで設定されているため、様々な要望にも対応しやすい。またMODUS3シリーズをはじめ、これまで組み立ての実績が多いシャフトは組み立て後の想定がしやすく要望に応じやすいです。難しいのはシャフトスペックが未知数のモデルや、シャフトスペックが不安定なモデルなど・・・組み立て後の想定値が定められないケースも多々あります」(カスタム担当・横塚)。