新着記事一覧

ポリシー
2022/07/14

Policy カスタムにおいても ヘッド性能をフルに 発揮させるために。

 フォーティーンでは最新モデル「TB-7 FORGED」をはじめ、アイアン&ウェッジにおいてカスタムクラブの注文が昨今増え続けている。もちろん全てのプロダクトでオリジナルシャフトを推奨しているが、アフターマーケットシャフトを使用するゴルファーによる多様化するニーズは、フォーティーンとしても100%応える体制は整っている。  「例えば『TB-7 FORGED』に標準採用されるMODUS3 TOUR 105は、標準スペックで設定されているため、様々な要望にも対応しやすい。またMODUS3シリーズをはじめ、これまで組み立ての実績が多いシャフトは組み立て後の想定がしやすく要望に応じやすいです。難しいのはシャフトスペックが未知数のモデルや、シャフトスペックが不安定なモデルなど・・・組み立て後の想定値が定められないケースも多々あります」(カスタム担当・横塚)。

ポリシー
2022/05/14

Policy 数値的要素で判断できない 違和感を検知できる力。

「検品作業」。それは製品が発注したとおりの規格で納品されているか、性能や品質に問題がないかを、検査する緻密かつ繊細な作業のことをいう。フォーティーンヘッドオフィスに置かれる品質管理課は、ゴルフショップに完成品が納品される直前の最終砦、部署を取り仕切るのは新井明生さんだ。 「フォーティーンの検品精度は・・・ちょっと業界では厳しいと有名なんですよ」と新井さんは話す。一般的にゴルフクラブにおけるヘッドの検品作業は、ライ角、ロフト角、そして表面の傷や塗装の状態を検査。ウェッジに至っては溝の幅や深さなども検査項目に加わり、この工程で性能と品質の約束するのである。さらに、フォーティーンの検品精度は、一般的な数値的要素の検品だけでなく、外観の美しさに妥協を許さないことが追加される。それが業界随一の厳しさとされている所以だ。