新着記事一覧

試打ラボしだるTV
アイアン
2020/12/14

トラックマン試打! 新作アイアン三者三様! 試打解説 石井良介プロ(試打ラボしだるTV)

試打・解説 石井良介プロ いしいりょうすけ、1981年2月14日生まれ、(株)ビック・スポーツ所属。トラックマンを活用したレッスン活動で人気。メディアではYouTubeチャンネル「試打ラボしだるTV」で試打解説を担当する、令和の人間試打マシーン。

「TB-5 FORGED」の 開発ストーリー
アイアン
2020/10/14

「TB-5 FORGED」の開発ストーリー

単一素材で構成された軟鉄鍛造アイアンの最大メリットは打感を追求できることにあります。混じり気のない鉄のやわらかさがインパクトから手に伝える感触は、ゴルファーの持つフィーリングからアイアンショットのパフォーマンスアップを促進させる力があるのです。とくに熟練度の高いベテランゴルファーにとって、やわらかな“打感”はアイアン選びで外せない要素であることは間違いありません。 フォーティーンはそんなニーズに応えるべく創始者である竹林隆光の意志の元、単一素材の軟鉄鍛造アイアンでやさしさにこだわるセミラージヘッドの5シリーズとして他に先駆けて展開してきました。我々が最も得意とする緻密な重心設計とともに、機能とフィーリングの兼備を欲するベテランゴルファーのニーズに応えてきました。ただ、これまで以上の5シリーズの軟鉄鍛造アイアン・最新モデルを開発するにあたり、企画担当者から一つの仮説が上がりました。

SCIENCE THE FOURTEEN!
アイアン
2020/04/14

次世代アイアン 「IF-700 FORGED」は どうやって生まれたか。

『フォーティーンの竹内佑太です。 このコーナーでは私がフォーティーンに入社して学んだ まさに知れば納得のゴルフクラブ学をご紹介していきます。』

IF-700 FORGED impression!
アイアン
2020/04/14

IF-700 FORGED impression!

吉田洋一郎プロ よしだひろいちろう。アメリカTop50インストラクターなど80人以上に直接メソッドを学び、レッスンスキル資格20 以上を取得するゴルフスイング研究家。2019 年レッスン・オブ・ザ・イヤーを受賞した。

次世代型フォージドアイアン
アイアン
2020/03/14

次世代型フォージドアイアン

これまで『フォージド』という名前が付く、フォーティーンのアイアン(中空のHI-540フォージド以外)は常に軟鉄鍛造・単一素材を貫いて機能追求してきた。が、飛び系アイアンが台頭し、時代がアイアンに求めるニーズである、さらなる「飛距離」、「高さ」を実現するためには、軟鉄鍛造・単一素材では限界に達していた。たとえ、それが実現できたとしても、アイアンとしての形状を大きく逸脱したものになってしまえば勝負にならないからだ。 “ゴルフクラブは美しくなければならない”。このフォーティーンのポリシーを貫きながら、機能をさらに高める手段は、もう一つのフォージドアイアンである複合系への着手することだ。複合系フォージドアイアンのメリットは単一素材よりも大きく重心の設計自由度が上がること、そして素材+構造のマッチングで生まれる付加機能で、よりパフォーマンスを洗練できることだ。まずは、その構造上メリットが最大限に発揮される、小ぶりな『7』シリーズでの開発に着手して生まれたのがニューモデル「IF-700フォージド」である。

HI-540 FORGED impression
アイアン
2019/05/14

HI-540 FORGED impression

試打解説 冨永浩プロ とみながひろし、1961年2月17日生まれ。1983年から約6年間のアメリカ滞在中の1985年、当時アマチュアとして、全米オープンの予選会を突破して本戦に出場、さらに同年、全米アマチュア選手権にも予選1位通過で出場。その後プロ転向し、カナダツアーや豪州ツアーにも参戦。88年に帰国し、翌89年に国内ツアーデビュー、2011年からPGAシニアツアーに参戦中。キャリアを活かしたゴルフネットワークでの解説は定評だ。 取材協力=嵐山カントリークラブ

TC-920 FORGED impression
アイアン
2019/04/14

TC-920 FORGED impression

最新型ドライバーでは4500g・㎠を超える大慣性モーメントモデルが当たり前になり、スイング理論そのものが変わりつつある。出来るだけ手先のローテーション、つまりフェースの開閉度をスイング中に抑えて、体の回転速度、パワーをインパクトに集約させることが、ヘッド挙動が鈍感な現代型ドライバーでは最も飛ばすために必要とされるのである。 ただ一つ懸念されていたことがアイアンの打ち応えとのマッチングだ。とくに見た目がシャープで操作性に優れるアスリート系アイアンとの重心性能差は顕著。ここに違和感を覚えるプレーヤーは私をはじめ少なくはないだろう。今回、私が試打を担当した新作「TC-920フォージド」は、ドライバーとアイアンに起きた重心性能差を解消したモデルだという。さすが目の付け所がフォーティーンらしい、アスリートには楽しみのアイアンだと言える。