2022/09/14

飛びの追求、
GelongDアイアン
第2弾
アイアンの飛距離アップは
確実にスコアメイクに
有利である!

10月14日より飛びの追求「GelongD」シリーズより、
アイアンの第2弾モデル「IX-002」が発売。
このプロダクトのターゲットプレーヤーとなった
フォーティーンスタッフ・三好海土さんに
使用感、そして機能解説を聞きました。

取材・文=ゴルフメディア編集部

適正なモデルに替えるだけで
飛距離アップが実現できるのが
アイアン選びの楽しみ!

――「GelongD」の新作アイアン「IX-002」のターゲットプレーヤーは三好さんとお聞きしました。県アマなど試合に積極的に挑戦されている三好さんは、飛距離も十分、そもそも飛び系アイアンが必要であるかが、まず気になりました。

三好  私はもともと6番アイアン(ロフト角26度)に、飛び系モデル「IX-001」の7番アイアン(ロフト角26度)を採用したコンボセッティングを定番としていました。理由はよりやさしさを求めたから。30度というロフト角には打ちやすさの境界線があり、私は6番アイアンに打ちやすさの不安を感じていました。中空構造の「IX-001」は飛距離とともに圧倒的な弾道の高さが魅力。約185ヤードの距離をピタッとグリーン上に止めることができる機能は実戦でフルにスコアメイクに貢献しました。

こちらの動画を見てください(動画10:00あたり~)

――この動画は2021年に14TUBEの企画で挑戦したスクランブル競技ですよね。三好さん、スーパーショットですね!

三好  ありがとうございます。残り約190ヤードを「IX-001」の7番アイアンで放ったショットでした。難関カレドニアン・ゴルフクラブでは200ヤード弱の距離が残ることが多く、その距離を7番アイアンという安心の番手で打てることが最大の魅力。チームに勝利に貢献できました。もちろんストロングロフト設定ですが、アイアンで飛ばせることが、いかにスコアメイクに有利かを実感できた瞬間でした。

――この三好さんの活躍が、“より競技者をサポートできる飛び系アイアン”という開発部の「IX-002」構想に導いたのですね。

三好  開発部の企画構想にも貢献できたのなら嬉しいですね。多くの競技者にとって、より必要な機能は何かを実戦からフィードバックした時、やはり打感の良さなど操作感が出せるフィーリング面の向上、そしてより安心して狙える要素をプラスして欲しいな、という私なりの要望を開発部にリクエスト。そして完成した「IX-002」には「IF-700フォージド」のハイパーキャビティ構造が搭載され、私のニーズを全て実現させてくれた、とすぐに察することができました。

“弾きが非常に強いのに打球音はマイルド”な感じをご覧ください。

――実際にコースで試した感想を教えてください。

三好  ボール初速が非常に速く、何より弾道が凄く高い。ロフトなりにイメージした飛距離かつ、しっかりグリーン上に止められる性能があり、アイアンショットでやさしく飛距離アップできることの優位性をさらに実感することができました。トップブレードが薄くシャープな形状も、ほどよく懐(オフセット・グース感)があって、ボールのつかまりやすさがプラスされており、ロフト角30度以下のアイアンにおいても、ストレスなくボールをしっかりコンタクトできる感覚があります。中空構造ですがコネクティッドコアが充填され、打感がマイルドなのも多くの競技者にとっては好印象だと思います。

上データが「IX-002」、下が「TB-7 FORGED」、ともに7番アイアン。弾道落下角度は両モデルとも約45度をキープし、しっかりグリーン上に止めることができるが、「IX-002」がキャリーで12ヤード、約1番手の飛距離のアドバンテージがある。飛んで高弾道、競技者が必要とするエッセンスが「IX-002」は詰まっている。

「IX-002」は「TB-7 FORGED」とのコンボセッティングとしても最適。

――試打データでは、十分な高さが確保されて、弾道落下角度が45度をキープされていますね。(※アマチュアゴルファーは40度以上をキープしたい)

三好  改めてデータでパフォーマンスを見て、素晴らしいアイアンを開発してくれたと喜びを感じています。私はエースアイアンである「TB-7 FORGED」の6番アイアンに「IX-002」を導入したコンボセッティングを構想していますが、新たな挑戦としてショート番手まで全てを「IX-002」にしたいという挑戦意欲もあります。ドライバーで+10ヤードを実現するのは至難、ただアイアンというクラブは適正なモデルに替えるだけで簡単に+10ヤード以上の飛距離アップができてしまう・・・この優位性をモノにしない手はありません。

――無理なく弾道さえ上げることができれば、飛びの優位性は万人に貢献するのは間違いないですね。