2019/08/14

選び方をよりシンプルにする 最新型ローロフトウェッジ

SCIENCE THE FOURTEEN!

ドラコン協議に挑戦する名物スタッフ、竹内佑太が自らもフォーティーンから学んだ知って納得のクラブ学を紹介していきます。

フォーティーンの竹内佑太です。 このコーナーでは私がフォーティーンに入社して学んだ まさに知れば納得のゴルフクラブ学をご紹介していきます。

選び方をよりシンプルにする 最新型ローロフトウェッジ

“飛び系アイアン”と言うカテゴリが当たり前になるほど、ストロングロフト化されたアイアンが世の中の定番モデルになりました。そんな背景ではアイアンセットのPWと、SW(56、58度)の距離ギャップを埋めるローロフトウェッジの存在が必要不可欠になり、フォーティーンでは早くからそのロフトラインナップに力を入れてきました。最新「DJ-4」ではこれまで取り組んできたローロフトウェッジのノウハウが最大限に発揮。吉田洋一郎コーチと「DJ-4」を打ちながら、その利便性について語り合いました。

よしだひろいちろう、プロコーチ・スイング研究家。2019年レッスン・オブ・ザ・イヤー受賞。アメリカTop50など80名以上の著名インストラクターに直接メソッドを学び、レッスン資格20以上を所得するゴルフスイング研究家。

よしだひろいちろう、プロコーチ・スイング研究家。2019年レッスン・オブ・ザ・イヤー受賞。アメリカTop50など80名以上の著名インストラクターに直接メソッドを学び、レッスン資格20以上を所得するゴルフスイング研究家。

“飛ばさない=狙える”が ウェッジ設計の真骨頂

吉田  「DJ-4」ウェッジの流れがうまく生かされて、形状がシャープで“狙う”感覚が出しやすい。そしてその印象通り、狙ったところに打っていける、と言うのが私の感じた「DJ-4」ロ ーロフトウェッジの印象です。

竹内  ありがとうございます。ウェッジ設計がベースというアイアンとは全くコンセプトの違った設計が、吉田コーチが感じた“狙う”パフォーマンスに発揮されています。

吉田  ウェッジ設計とアイアン設計の違いはなんですか?

竹内  わかりやすくいえば、アイアン設計は飛ばすことに重きを置き、ウェッジ設計は“飛ばさない”ことに重きを置いていることです。“飛ばさない”という機能は、距離感と弾道操作に直結するのです。

吉田  なるほど。例えばパターでも転がりのいいネオマレットと、それに対して転がりがいいとはいえないピンタイプとでは打ち味そのものが違う。転がらない後者の方が明らかに操作性に優れます。

竹内  はい、吉田コーチの例えと全く同じことが言えます。ウェッジというクラブは“飛ばない”ことが機能性の肝なのです。

吉田  なるほど、同ロフトのアイアンとローロフトウェッジを打ち比べれば歴然。アイアンの方が飛んでしまう理由がわかりました。

シンプルな距離間隔で   約束されたスピンショット

シンプルな距離間隔で 約束されたスピンショット

吉田  とても打感がやわらかく、スピンが効いてキャリーでピタリと止めることができる。凄くボールコントロールがしやすいですね。

竹内  「DJ-4」はローロフトウェッジの役割でもあるフルショット時の操作感を際立たせるために、スピン性能を高めています。

吉田  フェース面を触ってみると、ざらつき感が感じられますね。

竹内  平面精度の高めたフェース面のスコアライン間にマイクロレーザーで細やかな縦ミーリングを施して、フルショット時のボール接触密度を上げています。小さな距離では溝のエッジのシャープさがスピン性能には大切ですが、フルショット時ではボールが潰れた瞬間の接触密度が効果的に働きます。

吉田  狙った距離をキャリーで止められるのは、強みでしかありませんね。

竹内  また「DJ-4」ではロフトチョイスがよりシンプルになる設計が施されています。

吉田  シンプル、と言いますと?

竹内  飛ばないウェッジ性能のローロフトウェッジでは、PWとSWとのギャップを、等間隔のロフトピッチでセッティングに組み込むことがじつは理想的ではなかった。ロフト毎で明らかな飛距離差が生まれにくかったんです。「DJ-4」ではロフト毎設計をより強調。アイアンの打ち応えにもうまくマッチさせた重心設計、ソール設計によって、ロフト毎距離を等間隔にできました。

吉田  必要とするロフトで確実な距離が得られるため、シンプルにチョイスできるのは嬉しいですね。ぜひ、多くのゴルファーに「DJ-4」のローロフトウェッジを採用していただきたいです。

竹内佑太