2019/09/14

DJ-4 テクノロジーコラム

DJ-4 テクノロジーコラム

フォーティーンのウェッジはスピンが強烈にかかることで有名だが、
ウェッジに注力する他社モデルもスピン力を積極的にアピールする。
ではそれらとフォーティーンのウェッジは何が違うのか、
新作「DJ-4」の“光り溝”が成し得る超スピン力に迫ってみたい。

DJ-4溝構造

私たちフォーティーンは 製品精度に何時も妥協しない

「DJ-4」のヘッドを手にとれば、スコアラインが光っていることがわかる。フォーティーンのウェッジはとにかくショートレンジ(〜約40ヤード)でのスピンが圧倒的に効くが、それはひとえにエッジの効いた台形溝がボールのカバー面に食いついている高度な製品精度が成し得る技術だ。「DJ-4」の溝はエッジを効かせた台形溝となっている。さらにエッジを効かせた溝は他社モデルでも存在するが、それはルール上、自ずとV形になり断面積を確保できない。つまり「DJ-4」は、溝の本来の役目でもあるショットの安定性(水はけなど)を発揮させるため、溝の断面積を最大に確保したルールギリギリの総合力を追求しているのである。

また同時にフェースの平面精度を究極まで高めることを形にしていることだ。「DJ-4」には鏡面にも近いレベルの平面精度が施されている。平面になればフェース面全域での溝効果の発揮が約束されること、そして何より溝のエッジ精度が高まることで、ボールへの食いつきを強められるのである。様々なライやコンディションでも安定したハイスピンが発揮できるフォーティーンのウェッジのパフォーマンスの礎となる、緻密な設計が実現する超性能なのだ。

光る溝

これこそ“独自”! ウェッジ溝を鍛造で掘るという 新発想と新技術の賜物

「DJ-4」の光るスコアラインは、溝内のミラー仕上げに自然光が反射したものである。従来の彫刻製法では成し得ない製造精度が成せる形だ。

もちろん今でも彫刻溝製法は一般的ではあるが・・・そこに解消できない問題もある。例えば製造誤差で必ず生じるばらつきがルールに抵触しないことを考慮し、ルール内で余裕を持って彫刻設定、つまりルールギリギリに製品精度を迫ることは難しい。また製造上、避けられない彫刻刃の劣化は、溝精度そのものが落ちることを意味し、性能のばらつきを生じさせしまいがちなのだ。もちろんフォーティーンは厳しい検品管理のもと製品精度を徹底しているが、同時に新製造方法を見出すことを取り組んできた。「DJ-4」の超高精度ミラー鍛造スコアラインフェースである。

彫刻溝との大きな違いは鍛造溝であること。鍛造と言っても実際は熱さないため冷寒プレスとも言われているが、“掘る”ではなく“叩く”で形成された溝だ。鍛造製法のメリットはずばり製造精度が向上したことでルールギリギリの設計をカタチにできること。ミラー鍛造で完成した溝は高精度化された証、「DJ-4」の“光り溝”の正体だ。

溝

フルショット時の より狙えるスピン技術

「DJ-4」のフェース面を指で触ると、表面にざらつきが感じられる。フェース面上、スコアライン間に刻まれたマイクロレーザーミーリングによる摩擦感であり、これがフルショット時のスピン力を高める効果を生む。

フルショット時はボールが潰れて、フェース面とボール表面に約15ミリの一瞬の接触面積ができる。紙やすりの表面のごとく、マイクロレーザーミーリングによる小さな凹凸がボールとの接触密度(平面精度と相まって)を高めてスピンを増大させるである。またこの小さな凹凸はウェット時の水はけにも寄与し、雨天時でも安定したハイスピンショットが打てるのである。狙った距離感を、キャリーでピタリと止められる高技術はとくにローロフトウェッジでのコントロールショットで必要とされるパフォーマンスだと言えるだろう。

結局、妥協ないこだわりは
誰もが打てるスピンショットを
機能化させるためにある

昨今、トリッキーな溝形状でスピン力をアピールするモデルは多数あるが、スピンウエッジのパイオニア・フォーティーンは、ルールギリギリの設計、そして他には追求できない製造精度でそれらを凌駕してみせる。超高精度ミラー鍛造スコアラインフェースの新作「DJ-4」はプロモデルには出せない新スピン技術が機能化され、誰もがテクニックを必要に頼らずともハイスピンショットを打ちこなせるウェッジだ。