2020/10/14

「Gelong D IX-001&UX-001」の開発ストーリー

「Gelong D IX-001&UX-001」

市場に存在しない
競技志向の飛び系。

やさしく飛ばせる飛び系アイアンの支持率が上がっている。が、同じくそれを欲する競技系ベテランゴルファーのニーズをカバーできていないことにフォーティーンは注目した。

飛距離不足に悩む
競技系ゴルファーの
力になりたい

フォーティーンの商品企画部・池田純は長年、社会人競技プレーヤーとして日本アマをはじめとする数々のアマチュア試合に出場する中、多くの諸先輩ベテランゴルファーが年齢とともに落ちるアイアンの飛距離に苦労している姿を見ていました。それを克服しようと市場で支持されている飛び系アイアンを試して試行錯誤する姿も・・・。しかし、飛び系アイアンの性能は一般的なアマチュアゴルファーをターゲットにしたものであり、ボールを上げる機能(深低重心)に特化させているモデルが多いのが特徴。それらはアイアンと言ってもクラブとしての本質はユーティリティであり、うまく打ちこなすためにはフェアウェイウッドやユーティリティ同様のシャローなアタックを要求し、競技系ベテランゴルファーにとってスイングイメージが合わない。アイアンとして力強く打ち込んでいくインパクト、いわゆるダウンブローに打ちたいスイングスタイルに馴染めない現実がありました。

市場になければ作るしかないーーー。そして、 “フォーティーンのプロダクトで諸先輩方の悩みを解決したい”。池田が抱いていた想いが、ようやくフォーティーンの飛距離追求ブランド「ゲロンD」で実現することができました。

“飛んで、止まる”を追求した
「IX-001」アイアンの重心設計

main
ゲロンD正面から
ゲロンD上から

「ゲロンD」シリーズでは、「IX-001」アイアンと「UX-001」ユーティリティをラインナップしました。
飛び系でありながらマッスルバックのような精悍な「IX-001」アイアンは扱いやすいセミコンパクトヘッド。ヘッドコントロールがしやすい36ミリ前後の重心距離と、ダウンブローに打ち込んでいける重心高さとインパクトでバウンスが活きるソールのコンビネーションで、心地よく打ち込んでいけ従来通りのアイアンショットの打ち応えと圧倒的な飛距離を兼ね備えました。コンパクトながら重心深度が深く設計されており、しっかり弾道の高さ&適性スピン量が得られ、グリーンに止めることができます。

ボールが上がりにくいと感じたら
「UX-001」ユーティリティを
コンビネーション

ゲロンDmain2
ゲロンD正面から
ゲロンD上から

ただ「IX-001」アイアンはやさしさが適度に抑えられているため、“ボールが上がりにくい”と感じたら、迷わずに同番手・同ロフト設定で展開される「UX-001」ユーティリティを積極的に採用していただきたい。「IX-001」アイアン同様に打ち込んでいけるコンパクトヘッド+ソール(バウンスが活きる)で操作性を追求。左に引っ掛けにくく悪条件のライでの使いやすさに秀でた競技系ユーティリティをコンビネーションすることで、ディスタンスセッティングを極めることができるのです。

試打フィッティング推奨、
理想的なコンボセッティング

「IX-001」アイアンはミドル〜ロング番手では単品購入が可能で、同番手・同ロフトで展開する「UX-001」ユーティリティとのコンボセッティングを推奨しています。店頭発売は二木ゴルフ*主要各店、ウェブ販売はフォーティーンオンラインショップにて。フィッティングを推奨する二木ゴルフや、フォーティーンが開催する試打会にてお試しいただくことで、ゴルファーそれぞれのポテンシャルを発揮できる、これまでにはない理想的なディスタンスセッティングを実現させることができます。飛び系アイアンが使いたくても使えなかった、という熟練度の高いベテランゴルファーの皆様の試打を心からお待ちしています。

*一部店舗を除く13店舗