新着記事一覧

新製品コラム
2022/09/14

飛びの追求、 GelongDアイアン 第2弾 アイアンの飛距離アップは 確実にスコアメイクに 有利である!

[[――]]「GelongD」の新作アイアン「IX-002」のターゲットプレーヤーは三好さんとお聞きしました。県アマなど試合に積極的に挑戦されている三好さんは、飛距離も十分、そもそも飛び系アイアンが必要であるかが、まず気になりました。 [[三好]]  私はもともと6番アイアン(ロフト角26度)に、飛び系モデル「IX-001」の7番アイアン(ロフト角26度)を採用したコンボセッティングを定番としていました。理由はよりやさしさを求めたから。30度というロフト角には打ちやすさの境界線があり、私は6番アイアンに打ちやすさの不安を感じていました。中空構造の「IX-001」は飛距離とともに圧倒的な弾道の高さが魅力。約185ヤードの距離をピタッとグリーン上に止めることができる機能は実戦でフルにスコアメイクに貢献しました。 こちらの動画を見てください(動画10:00あたり~)

新製品コラム
2022/09/14

飛びの追求、 GelongDアイアンの 第2弾は・・・ 飛びの優位性で スコアメイクを より有利に。

「GelongD IX-002」開発担当者・戸丸崇

新製品コラム
2022/08/14

NEW PRODUCT! Feather Lineより 新中空アイアン型ユーティリティ HI-3が新登場。

「世の中に同じジャンルがない、フォーティーンらしい“やさしい”、中空アイアン型ユーティリティが完成しました」(開発部・黒澤孝康)

新製品コラム
2022/07/14

改めて知ってほしい オリジナルシャフトの 存在意義。

[[STEEL編]] 基礎知識:主にウェッジ、アイアンに採用されるスチールシャフトは、日本シャフト「N.S.PRO 950 neo」・「MODUS3」シリーズを筆頭に、トゥルーテンパー「ダイナミックゴールド」やKBS「KBS TOUR」などが定番シャフトとして採用されることが多い。

新製品コラム
2022/05/14

オンラインストア限定 開発者こだわりの TB-7 FORGED チタニウムシルバー仕上げとは・・・

 製造部開発課の黒澤孝康です。オンラインショップ限定「TB-7 FORGED チタニウムシルバー仕上げ」をご紹介します。通常モデルより少し落ち着いたヘッドカラーの「チタニウムシルバー仕上げ」、じつは4月21日発売に至る数ヶ月前までは、この仕上げで発売される予定でした。 「チタニウムシルバー仕上げ」、この仕上げは開発者目線でとにかく洗練度を追求していました。高級車のカラーラインナップにもあるソニックチタニウムを「TB-7 FORGED」のヘッドに搭載した時、とにかくマッチングが素晴らしかった。開発者のエゴといえばそれまでですが、私自身初めて担当した軟鉄鍛造アイアンであったため、自分の感覚を信じて、他にはない洗練度を特別感としたかった。社内評価もすこぶる良く、“クラブは美しくなければならない”という、フォーティーンのポリシーを自分なりに形にできたと感じていました。

新製品コラム
2022/05/14

企画部・池田純が RMウェッジ次期モデルに見る 新たなパフォーマンス像

 フォーティーンのヘッドオフィスには、アプローチスペースがある。「14field」として、ウェッジフィッティングの場に使用されるが、もちろん開発中クラブの試打場としても活用されている。今日は14TUBEでお馴染み、企画部の池田さんが試作モデルを試打中。「RM-4」と打ち比べながら、次期モデルの理想形を試行錯誤しているようだ。

新製品コラム
2022/04/14

吉田洋一郎プロが 「TB-7 FORGED」を 待望していた理由 その1

吉田洋一郎プロ よしだひろいちろう、1978年生まれ。アメリカTop50インストラクターなど80人に直接現地でメソッドを学び、レッスンスキル資格20以上を所得するゴルフスイング研究家。ゴルフネットワークではPGAチャンピオンズツアーの解説を担当する。

新製品コラム
2022/04/14

吉田洋一郎プロが 「TB-7 FORGED」を 待望していた理由 その2

吉田洋一郎プロ よしだひろいちろう、1978年生まれ。アメリカTop50インストラクターなど80人に直接げちでメソッドを学び、レッスンスキル資格20以上を所得するゴルフスイング研究家。ゴルフネットワークではPGAチャンピオンズツアーの解説を担当する。

新製品コラム
2022/03/14

フォーティーンが いち早く実現させた アイアンの理想的な コンボセッティング

 フォーティーン製造部開発課・黒澤です。「TB-7 FORGED」を発売させていただく際、もう一つ皆さんにお伝えしたいのは、フォーティーンのアイアンがここに至るまで、開発ポリシーとしてきたのがロフト角設定の統一化だということです。

新製品コラム
2022/03/14

TB-7 FORGED登場! 開発担当・黒澤孝康のこだわり 進化した 「シアターブレード」、 極上の打ち応え

「TB-7 FORGED」のバックフェース面は精密鍛造が施され、その表面は傷に強く美しさが持続します。

新製品コラム
2022/02/14

GOLF CRAFT FOURTEEN 始まる。

 なぜ今、カスタムメイドブランドの展開をスタートさせるのか。それは40周年を節目に新たな展開を積極的に取り組むフォーティーンにとって、“原点回帰”の意味を持った大切な事業だからです。フォーティーンという会社の元はゴルフクラブの設計会社であり、各メーカーのOEM設計が長く主な事業でした。その傍で群馬県高崎市のヘッドオフィスでは小規模ながら『ゴルフクラフト フォーティーン』というブランドでカスタムメイドブランドを展開し、ゴルファー一人ひとりと完全対面にてコミュニケーションを交わし、ご要望のクラブをご提供していました。 時が経つとともに、ゴルフ文化も成熟し続け、現代ではゴルフクラブに求めるゴルファーのニーズもじつに多様化し、細分化しています。その流れの中にはナショナルブランドが展開するプロダクトとは一線を画した、完全自分専用を求めるこだわりの強いゴルファーのために、パーツブランド(地クラブとも言われる)というゴルフ工房をメインとした展開も今では存在感を高めています。そういったゴルファーの趣向や志向に応じたニーズにフォーティーンも独自な展開で対応するべく、原点回帰をテーマとし、新たな群馬県高崎市発のカスタムメイドブランドとして『ゴルフクラフト フォーティーン』を3月から展開します。

新製品コラム
2022/01/14

LOVERS FOURTEEN

「LOVERS FOURTEEN」、今回このコーナーにご登場いただいたのは、『ギークス株式会社』※、代表取締役CEOの曽根原稔人さんと執行役員の川野尚吾さん。いわゆるIT系企業のトップ経営陣が自身のゴルフへの取り組み、そしてフォーティーンというブランドに対する期待を語る。 ※ギークス株式会社 ITフリーランスと企業をマッチングするIT人材事業を主軸に、ゲーム、アプリの開発・運営を行うゲーム事業、プログラミングスクール運営とオフショア開発を行うSeedTech事業、VR・AR・MR・ホログラムなどの新技術を活用した映像制作や、ゴルフに特化したサービスの開発・運営及びデジタルマーケティング支援を行うx-Tech事業を展開。初心者ゴルファー、女性ゴルファーのためのゴルフ専門情報サイト「Gridge(グリッジ)」を運営する。

新製品コラム
2022/01/14

アマチュアゴルファーに 一番近くにいれる存在、 それがフォーティーン。

 フォーティーンは、一般的にプロや上級者御用達のメーカーというゴルファーのイメージが強いと言われています。今から約20年前に発売したスピンウェッジの先駆だった「MT-28」や中空ロングアイアン「HI-858」などで、日本男子ツアーを一世風靡したことが源となり、アスリートテイストなイメージが強く生き残っていますが、私たちはそれらを含めたプロダクトで、“プロゴルファー”を対象プレーヤーとしたことは一度もありません。  創業者である竹林隆光は、かつてフィーリングでしか評価されなかったゴルフクラブの性能に世界で初めて数値の概念を生んだエンジニアです。その概念で明確にしたかったことは、ひとえに自分を含むアマチュアゴルファーのプレーシーンを具体的に支えられるクラブとは何であるか答えを導きたかったこと。性能値を明確にして確かなパフォーマンスと説得力を生んだ開発に邁進したかったからなのです。  『プロゴルファーのためのクラブ開発は意味を持たない』。竹林はいつも私たちにそう説いてきました。いかなるクラブも十二分に使いこなせるショットスキルあるスペシャリストのためのクラブ開発では、そこに進化のカタチを見出すことはできないからです。実際これまで辿ってきたゴルフクラブの進化は、“できないことができるようになる”、“やりたいことができるようになる”、といったアマチュアゴルファーのプレーシーンを改善・克服するために研究開発されてきた技術であることは間違いありません。

新製品コラム
2022/01/14

フォーティーンが いち早く実現させる アイアンの コンボセッティング。

 一般的にアイアンのロフト角はモデル毎で大きく異なります。例えば7番アイアンで言えば、コンベンショナルモデルの約34度から飛距離追求型モデルの約25度まであり、同番手で10度も乖離しています。ストロングロフト化が起こした現象ですが、ロフト角設定に応じたヘッド性能の進化によって、アイアンの飛距離性能自体が向上しているのは間違いありません。  ただアイアンのそもそもの目的は、グリーンを捉える狙える機能が問われるのは、これまでもこれからも変わりはありません。それが単純に飛びに特化されているだけでも意味を持ちませんが、現在では飛ばないこともアマチュアゴルファーのプレーには通じません。フォーティーンではアマチュアゴルファーのアイアンに対するニーズを踏襲しながらアイアンのロフト角設定において、飛距離性能と操作性の理想を兼ね備えたロフト角を定め、全てのプロダクトでロフト角の統一化を完成させようとしています。  まずロフト角設定の基準としたのが7番アイアンです。平均的アマチュアゴルファーのヘッドスピードを考慮すると軟鉄一体鍛造型のアイアンでは、ロフト角30度が7番アイアンとしての機能を追求できる限界ロフト角であること。ヘッド性能やシャフト長さなどバランスを追求した、今の時代にマッチした基準であり、竹林隆光(創業者)もかねてからこのロフト角設定を今日に至る理想と考えていました。